POST:2017/11/3
Pocket

まずは調査と準備をしたので、粛々と作業を進めていきます。

h e a v e n l y s k y : まずは調査と準備 -自宅のネットワーク見直し(1)-

代替ルーターも来たことなので、WNDR4300をOpenWRT化からです。
これでもし失敗してもしばらくの間は代替で動かせるので、心置きなく作業が出来るのです。

OpenWRT化

OpenWRT化するのは意外と簡単です。
WebUIでファームウェアのアップデートをする、もしくはtftpでファームウェアをアップデートするかの2択のようです。
私は後者で作業しました。

手順としてはこんな感じです。

      (1)対象ルーターをメンテナンスモードにする
      (2)tftpでルーターにファームウェアをアップする
      (3)再起動するとうまくいけばOpenWRTで起動

ちなみにこれをWNDR4300に当てはめるとこうなります。

公式のwikiにも同様の記載があるのでごらんくださいませ。
参考:Netgear WNDR4300 [OpenWrt Wiki]

これでサクッとOpenWRTになりました。

設定は?

GUIの設定画面があるので、そこにアクセスしてとなります。
ルーターのIPアドレスにブラウザでアクセスするとログイン画面がでてきます(初期設定が必要だった気がしますが・・・)

インターフェースが英語なので、日本語化してしましましょう。
手順は以下のサイトを参考に。
参考:LuCIを日本語表示に切り替える – kinneko@転職先募集中の日記

あとはインターフェースでPPPoEの設定をしてあげれば元通り。

これでとりあえず、OpenWRTにしてPPPoE接続まで完了です。
次はIPoEに挑戦してみます。

             

« « まずは調査と準備 -自宅のネットワーク見直し(1)-|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA