POST:2015/10/14

SSDとHDDを載せて、そのまま運用してもいいんですがいろいろと面倒です。
こっちのデータはSSDで、こっちのデータはHDDでという運用は破綻するのですよ。

そこで擬似FusionDriveを作って運用することにしました。
MacBook Proで一回失敗したんですが、あれはHDDとの相性が問題だったのだろうということで再度挑戦です。
参考:h e a v e n l y s k y : MacbookProで疑似FusionDriveを構築・・・しかし(2013/01/31追記)
参考:h e a v e n l y s k y : HDDの相性問題に遭遇したの巻

(さらに…)

POST:2015/10/12


購入したSandiskのSSDで再度SATA1相当で接続される問題が発生しましたが、手元にあったSumsungを試したところ問題なさそうなので、そのままSumsungのSSDを使うことにし、晴れてSSD+HDDの二台内蔵体制となったiMac。
まずは素直にSSDにOSをインストールし現状確認などを行ってみました。 (さらに…)

POST:2015/10/11

さてさて、我が家のiMacでございますが、メモリ増設以降は大した進展もなく、El Capitanが出たにも関わらずインストールもせず、いまだにβ版のままという状態。 それもこれも内蔵しているドライブがまだ仮状態だからです。
参考リンク:h e a v e n l y s k y : iMac early 2009にSSDを内蔵してみた。しかし。

私の小遣い事情によってこの状態だったのですが、ようやく改善されたのでHDDとSSDを購入しました。 これでようやく私のiMacが(ほぼ)完全体になるのです。

まずはその1として、前回すっ飛ばした分解のお話でも書いていこうかと思います。

(さらに…)

POST:2015/9/19

「ぼくのかんがえるさいきょうのあいまっく」を目指して日々まい進しております。 さいきょうというからには、メモリは乗るだけ載せるべきでしょう。

iMac early 2009は最高8GB(4GB x 2)まで搭載可能です。 現状では6GB(4GB + 2GB)なので、この2GBを4GBに換装します。

換装したかっただけです。

(さらに…)

POST:2015/9/17


ツイートもしたんですけどね。 iMacのポートってすべて後ろに付いてるじゃないですか、ポートって使うためにあるのに隠してどうするのかって感じがするんですよ。 後ろに手を伸ばせばさせるんですが、左右がわからなくてイライラしたりするんですよ。

それをかわいく解決しました。

(さらに…)