POST:2017/2/9

小ネタではありますが。

ちょっと前からMacbookProをスタンドに載せて使っています。
熱さで調子が悪いのかと思って、ファン付きのスタンドを購入して使っています。

結果としては、キーボードを打たなければ調子がいいという、わかるようなわからないような結論に至っております。

このファン付きのスタンドが、オンオフスイッチがないんです。ファンのスピードをオフにするか最大にするかのボリュームコントロール的なスイッチがあるんですが、これをいちいち操作するのが面倒なのです。

そこで外付けスイッチを作ってみました。

(さらに…)

POST:2016/6/13

そこそこお金をかけて復活させ疑似FusionDriveまで構築したiMacでしたが、半年くらい使って動作がもっさりし始めました。
iMac early 2009にHDDとSSDを内蔵しよう その1(分解+内蔵編)
iMac early 2009にHDDとSSDを内蔵しよう その2(ベンチマーク編)
iMac early 2009にHDDとSSDを内蔵しよう その3(擬似FusionDrive編)

はて何だろうと思って調べたところ、どうもディスクアクセスの速度に問題がありそうなので、ディスクベンチをとった所、驚愕の結果がでました。さすがにこれは遅すぎる。
Imac trim000

(さらに…)

POST:2015/10/22

iMacのハード的な部分のチューニングはほぼ終わったので、アプリをインストールする段階になりました。 どんなアプリ入れようかなと思ってメモっていたら、いい感じの分量になったので、ブログで公開。

私の備忘録的なメモなので、ダウンロード先のURLや解説しているブログへのリンクも貼ってあります。App StoreからインストールしているアプリについてはApp Storeへのリンクも紹介しております。

(さらに…)

POST:2015/10/14

SSDとHDDを載せて、そのまま運用してもいいんですがいろいろと面倒です。
こっちのデータはSSDで、こっちのデータはHDDでという運用は破綻するのですよ。

そこで擬似FusionDriveを作って運用することにしました。
MacBook Proで一回失敗したんですが、あれはHDDとの相性が問題だったのだろうということで再度挑戦です。
参考:h e a v e n l y s k y : MacbookProで疑似FusionDriveを構築・・・しかし(2013/01/31追記)
参考:h e a v e n l y s k y : HDDの相性問題に遭遇したの巻

(さらに…)

POST:2015/10/12


購入したSandiskのSSDで再度SATA1相当で接続される問題が発生しましたが、手元にあったSumsungを試したところ問題なさそうなので、そのままSumsungのSSDを使うことにし、晴れてSSD+HDDの二台内蔵体制となったiMac。
まずは素直にSSDにOSをインストールし現状確認などを行ってみました。 (さらに…)

1 / 712345...最後 »