Libretto U100 救済措置 その2

その1の続きでございます。

前回はHDDをCFに換装してubuntu/xubuntuが問題なく動作するところまで確認しましたが、今回はその続きから。

まずは最初の目的である「起動をいまより早くしたい」という点はクリア。
体感もかなり上がったので、システムの方向性はこれで行くとして、次のステップへ進みます。

次の目標は「Evernoteとdropboxが動けばいい」ですな。
この二つが動けば、軽い作業なら問題ないということで作業開始します。

まずは、Linux版が用意されているDropboxからインストールしていくことにしました。
シンプルに用意されているdebパッケージをインストールするだけです。

さくっとインストールして、dropboxのデータをシンク。
ここで問題が発生しました・・・。

ご存知のとおり、dropboxというのはクラウドといってもローカルにデータを置くので、それだけの容量が必要なんですね。
しかし私のマシンに組み込んだCFは4GB。案の定、シンクの途中で容量不足となりました。

これはどうしたものか・・・。ubuntuでやってるからOSの容量でCFが圧迫されてるのかもなぁ・・・。xubuntuにするか。

そんなこんなでxubuntuにシフトしてdropboxをインストールしてみることにしました。
しかしdropboxのパッケージって、純粋にubuntu用なんですよね。nautilus用しかないんです。
とりあえず検索したところubuntuのフォーラムに以下のようなスレッドがあったので参考にしました。

Nautilusといってもインターフェースだけのようなので、手動でダウンロードしてインストール。動作を確認。

再度シンクしたんですが・・・。予想通りといいますかなんといいますか、結局は容量不足でアウト。
CFの容量を増やせば問題ないんですが、ここで新規にCFを買うのも気が引ける・・・ということで、もう一つの手段に出ます。

LibrettoにはSDカードスロットが付いていますんで、そこにSDをさしてホームディレクトリして利用するという方法。
シンプルに出来るということで、SDをさしてホームディレクトリを移動。移動したあとでシンクという流れ。
ホームディレクトリの移動は、以下のコマンドで。
# usermod -d /home/sd user

これで問題なくシンクできたんですが、いかんせんSDが遅すぎます。hdparmの結果は以下のとおり。
 Timing buffered disk reads: 30MB in 3.01 seconds = 9.98 MB/ sec
遅い!やっぱホームディレクトリをここに置くのは遅すぎる!

しかしとりあえず容量の問題は解決したということで遅さに目をつむり、次のミッションへ。
Evernoteは素直にweb版を使えばいいんですが、それだとオフラインでの利用が不可です。やっぱりアプリを入れましょう。
アプリはwineで動かすか、もしくは互換アプリのnevernoteを動かすかの二択です。

まずはwineで動かしてみることにしましたが、いろいろ制限があるのと、低スペックのマシンでは重すぎるということで断念。

Nevernoteは、debパッケージがありますんでダウンロードしてインストールするだけです。

まあしかしこれまた低スペックのマシンでは重すぎる。Evernote自体が低スペックには厳しいんですが、ubuntuならどうになるかと思っていたんですが・・・。

紆余曲折ありましたが、LibrettoU100はここで一旦棚上げ。
緊急時に利用するPCとしては全く問題ないんですが、常用していくとなるとやはり世代が古すぎる感があります。
それでも愛着があるんで使いたいんですが、手間がかかりすぎてしまって本来の目的から外れ気味なので、一旦クールダウンです。

近いうちに続きがかけるといいですけどねー。

雑記系

Posted by taktic