POST:2015/8/14
Pocket

前回(写真の管理を出来るだけ自動でやりたい(exiftool編))の続きでございます。

 

今回は四角で囲んだあたりを。
私はflickrのproサービスを使用しているのでアップロードサイズは無制限、これは使わない手はないということで、JPEGファイルはすべてflickrにアップロードしています。
今まではflickr uploadrというアプリに放り込んでアップロードしていました。しかしこのアプリが失敗することも多くてストレスなのです。
そこでflickr uploadrに頼らずに、JPEGのフォルダからアップロードする方法を調べてみました。 

FlickrのAPIを使おうか

flickrのAPIを使ってスクリプトでどうにかしようと思っていろいろやってました。

先の図でjpgとしてコピーしたファイルをアップロードに回すだけです。
ほぼ完成まで行っていたのですが・・・。

OSXのflickr uploadrがバージョンアップ

最近flickrがUIの変更などを行ったり、読み込み速度が上がった(気がする)りなど、改善が見られていました。
そしてflickr uploadrの新版も登場、まだベータ版ですが今までのものより優秀そうです。
参考URL:[Flickr: Upload photos and videos] 
参考URL:Flickr愛用者歓喜!指定したフォルダの画像を自動的にアップロードしてくれるFlickr Uploadrが超便利 | あなたのスイッチを押すブログ

なにができるのか

なんとこのアップローダ、「特定のフォルダを監視して、新しいファイルがあればアップロードする」という機能が付いています。
設定もシンプルです。

まずはアカウントの設定が必要です。アカウントを設定すると”Account”タブで現在の使用状況等が確認出来ます。

 

“Upload”タブで常時監視するフォルダを指定します。フォルダは複数指定可能です。

 

設定はこれだけ。閉じると常駐してステータスバーに雲に矢印が刺さったようなアイコンが表示されます。
これをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

 今のステータスが確認出来るという感じですね。

これを使うことで、振り分けられたJPEGファイルを自動でflickrにアップロード出来ます。
アップロードしたファイルはPriveteファイルになるため、他の人から見られない状態になるためバックアップとして使用しています。
また撮影したデータを誰かに送りたい場合には、アルバムを作成してURLを送ることで対応可能です。一旦あげてしまえばあとは必要な機能はそろっているので、いろいろと便利です。 

まとめ

APIまでいじったのにまさかのアプリ登場でやりたいことがサクッと終わってしましました。
RAWのバックアップを外部のオブジェクトストレージにと考えても見たんですが、維持費が個人で使うレベルじゃ無くなってしまうので外付けHDDあたりでどうにかしようかと思っています。
そんな具合で、スクリプトさえ実行してしまえば後はお任せという環境が完成しました。
 

             

« « 写真の管理をできるだけ自動でやりたい(exiftool編)| NEEWER TT560を買ってみた。 » »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Trackback URL:
https://www.heavenlysky.net/archives/4449/trackback