POST:2017/9/16
Pocket

Raspberry Pi Zero wにはGPIOのピンが付いていないので、自分で半田付けする必要があります。
まあ私は半田の経験がほとんど無いので、付けなくてもいいかなと思っていたのですが、面白い物を見つけました。

ハンマーで叩けばいいらしいんですよ。
ほんとかな?とりあえずやってみるかなってことで購入しましたが。

手順

内容物はこんな感じです。

下のベースになる板にラズパイを置いて

上から叩くための板を乗せます。いいのかこれ、ほんとに。

そしてハンマーで叩きます。均等に叩くのがいいらしいです。

できましたか?不安しかないですが。

結果

まだLEDがつきません。ちょと基板が曲がっている気がします。つまり失敗。
どうも均等に出来ていないようなので、また近いうちに調整してみたいと思ってはいますが、半田付けを覚えた方が確実でしょうねー。

でもLEDが付かない程度でOSは動いているんですよ。なので、基板まで破壊したということではなさそうです。
いやー、電子工作難しいですね。

             

« « GPD pocketに最適なおでかけカバンを探す旅| 【AD】SW2700PTの機能を見てみる #BenQアンバサダー » »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA